• ホーム
  • AGA治療薬フィンペシアと必須アミノ酸リジンの併用で育毛促進

AGA治療薬フィンペシアと必須アミノ酸リジンの併用で育毛促進

口に薬を入れる男性

AGA治療薬であるフィンペシアは、単体で使用しても十分に効果が期待できますが、発毛や育毛に効果的な栄養素と一緒に服用することでさらに効果が高まると言われています。発毛や育毛に効果的と言われる栄養素には、亜鉛やビタミン群など様々な種類が挙げられますが、その中のひとつがリジンです。

人間の髪の毛は、約80%がタンパク質で作られていますが、その中でもケラチンというタンパク質が約70%を占めます。ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されているのですが、リジンはケラチンを構成するアミノ酸のひとつです。リジンはケラチンを構成するアミノ酸の中で約2%程度しか占めませんが、このアミノ酸は人間の体内では作り出せない必須アミノ酸です。そのため、毛髪の育成を促進させるには、食事やサプリメントなどで積極的にリジンを摂取する必要があります。

また、これにはコラーゲンの生成を促進する作用もあります。コラーゲンは直接的に発毛を促進する効果は期待できませんが、頭皮環境を改善する効果が期待できる成分です。頭皮環境の悪化は薄毛の原因となるため、コラーゲンの生成が促進されることで薄毛を抑制できる可能性があります。このように、リジンは毛髪の育成には欠かせない栄養素であり、頭皮改善効果が期待できるコラーゲンの生成を促進する作用があります。そのため、AGA治療薬であるフィンペシアと一緒に摂取することで、AGA抑制効果が高まると考えられているのです。

また、リジンは髪の毛の成分になったり、コラーゲンの生成促進以外にも、疲労回復や集中力の向上、脳卒中の発症リスクの軽減、肝機能のサポートなど様々な働きをしています。特に、フィンペシアは肝機能の低下を招く恐れがあるため、肝機能のサポートをしてくれるリジンは不足しないように注意する必要があるでしょう。

前述したように、リジンは人間の体内では作り出せない必須アミノ酸であるため、日々の食事から接種する必要があります。積極的に摂取したい食品としては、肉類や魚介類、豆類などが挙げられます。一方、穀物類や野菜類では多くを摂取できないため、炭水化物や野菜中心の食生活の人は、肉類や魚介類、豆類もバランスよく摂取するように意識することが重要です。なお、栄養バランスの整った食事をしている人は、基本的に摂取量が不足することはありませんが、普段の食事からの摂取量だけでは不安を感じるという場合は、フィンペシアとサプリメントを併用すると良いでしょう。

ただし、どの栄養素にも当てはまることですが、過剰に摂取しすぎると体に悪影響を及ぼすため注意が必要です。リジンの場合、過剰に摂取しすぎると疲労感を感じたり、腎機能の低下を引き起こす恐れがあると言われています。フィンペシアとサプリメントを併用する場合は、1日当たり1500~2000mgを目安に服用するようにしましょう。なお、普段の食事だけで過剰摂取となる摂取量となることはほぼないため、サプリメントを服用しない人は摂取量の上限を特に意識する必要はありません。